■掲示板に戻る■ 全部 1- 101- 201- 301- 401- 501- 601- 最新50
アメリカ人のバーベキュー のガイドライン

245 :水先案名無い人:04/04/22 19:13 ID:5ruRX5Gk
まあ、アバロン人のインペリアルクロスへの思い入れは凄まじいものがあるからな。
洞窟討伐中に皇帝のレオンに、戦う前の心得として、嫌々聞いてみたんだが、まず覚悟が凄い。
初陣で先頭に立たせる。出発前に決めた覚悟をみて「それじゃ足りないよ、臆病者」という顔をする。
王族の次男坊はいつまでも実戦には慣れないらしい、みたいな。
で、ベアが後ろに立つ。やたら立つ。猟兵風の女と軽装歩兵もこのときばかりはベアを尊敬。
普段、目もあわせないらしい皇帝が「彼は防御力が高い」とか説明してる。テリーマンか? 畜生、氏ね。
そんで、やたら戦う。倒して経験地を得る。苦戦しても戦う。回復とかそんな概念一切ナシ。
ただただ、戦う。レオンが魔法使って、ベアが両脇の二人と共に物理攻撃。俺の出番がない。畜生。
あらかた敵を片付けた後、「どうした体力が減ってるじゃないか?」などと、安物の傷薬を寄越す。畜生。
で、パーティ、洞窟を封印した後に、みんなで帝国の留守はジェラールに任せてウォッチマンの巣に行く。
猟兵女も「ああ、疲れちゃった、あなた役立たずね」とか言う。未来の主人公に何言ってんだ、氏ね。
軽装歩兵が「次の任務は大変そうですね」とか言ったら、皇帝が「インペリアルクロスだから大丈夫さ」とか言う。
その言葉の真意がわかんねえ。畜生、何が大丈夫なんだ、氏ね。

500KB
続きを読む

掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50
名前: E-mail(省略可)

0ch BBS 2005-06-05